今を作ったのも人間

ビジネス書で売れているというサピエンス全史を読んでみた。
歴史書(?)ではあるけれども、思想や考え方がどこか哲学的でビジネス的な存在だと確信する。

過去の労働は狩猟を行い、一生に接する人物は100人いるかどうかの世界で暮らしていた。それだけ、関わる存在がほとんどないと無駄な労力は必要としなかっただろう。しかし、現代社会はあまりにも発展しすぎた。便利になり、人間の負担は減っているかのようにも思えるが、良いもの良いものを求めすぎてサービスが過度になったり労力の割に得るものが少なかったりとストレスが増している。
電話ができるようになり、コミュニティの幅は広がった。いつでもどこでも機械さえあれば相手とつながれるようになった。電話ができない時間帯などは電話の発展からガラケーに進化することによりメールが打てるようになり、相手に配慮できる文字メッセージを送れるようになった。

だが、その文字メッセージがいつでも送れることにより、相手のパーソナルスペースを時に侵害するようにもなった。ただ単に仕事のメッセージを送り、見てもらえれば良いという配慮があれば良いのだが、時に返信しなければならないということが大きい。

時代はスマートフォンという情報が常に流れてくる機会を人間は手に入れた。欲しい情報は調べれば出てきて、欲しいものもすぐに手に入る時代となった。しかし、スマートフォン1つ所持しているだけで、相手から来たメッセージの即レスは当たり前、24時間に1回は携帯を使うだろうという観点なのか返信するようにと強要を用いられることが多くなった。返信しなければ、心配するどころか、この人とは関わってはならないという物理的配慮なのか距離を置かれることが多くなる。便利という当たり前の観点が無駄な労働力を作り出し人間の幸福度をますます下げているようにも思える。

昔の時代に戻ることはできないし、戻れとも言い難い。だが、過去の習慣から学べるところは噛み締めて今の生活の一部に当てなければならないとも考える。そうすればきっと、私たちの生活は豊かになるのではないだろうか。


サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

毎日新聞

今週のお題「カバンの中身」


大学生になってから電車通学になり、長距離を移動する。語彙力がなかった私は、先生から新聞読んでれば身につくよと言われ、それから電車の中では毎日新聞を読んでいる。

一時期、メールアドレスに毎日新聞を読んでいるということで、毎日新聞………@携帯とつけていたら、毎日新聞の方ですか?!とわけわからないことを聞かれた。

こちらにはこちらの事情があるんですよ…笑


学校に通っている時は、家で読まれた昨日の新聞ばかりを読む。

ただ思うことは時事ニュースは古い情報になってしまうかもしれないけど、ほかの情報は続けることに意味があるのだと思った。それはまだまだこれからってこともあるけれども、確実に語彙力は強化されたと思う。


このブログを見ている方は、まだまだだねと思うかもしれないが、昔はもっと書けなかった。大げさかもしれないが、書くことすらできなかった。何言ってるの?この人とまでも思われた時期もあった。


これだけ文章が書けているのは持ち歩き続けている新聞のおかげだ。

とても感謝している。これからも自分の持ち物として使いたい。

牛丼というなの怪物

週10ですき家

週10ですき家

f:id:aiueookini2222:20170817193751j:plain


特盛を頼んだ。

1分もしないうちに出てきた。ご飯をよそって牛肉を乗せる。いたってシンプルな料理だ。

ワンコインでお腹いっぱいになる素晴らしい商品だと思った。


そして、まさか、すき家の曲があったなんて思わなかった…。


ボランティア

何か違ったことがしたくてボランティアしてきた。

ボランティアってゴミ拾いとか福祉施設の運営とかだと今まで思っていたけど、自発的に地域に貢献することなんだなと思った。

中にはお金をもらうボランティアもあるという。

なんか、派遣短期バイトみたいだね。


知らない人ばかりだけれども同じ目標があって達成できることは良いこと。

課題っていうのはたくさんあるけれども、解決するためにみんなで協力しなければならないのだと感じた。


たまには、空いた時間を使って知らない世界に出かけることはいいね。

なぞなぞ

時々物事を深く考える時がある。

思い悩んで、悩んだ末に出る答えは重大なものであったり、そうでなかったり。

人間関係になると考え込んでしまう。
考えて答えを導き出しても結局は相手次第なので期待しても、その期待の数値に満たないことがほとんどだ。

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法


そんな時、この本を読んだ。


心理学の本ではあるが、さながら的を得ている。

心の負担になっていた精神的な面が言葉の言い方ではあるが軽くなると思う。


何もしても結局はまぁ、良しとしよう

よい方向、よい方向に物事を考えればもう少し優しい人間に慣れるかもしれない。


ナゾカラ

ナゾカラ


f:id:aiueookini2222:20170814150805j:plain


最初から言いたい。

読み方がわからなかった…

じょ、とか、れい、とかそんな読み方をすると思っていた。

しかし、この言葉は群馬県の地方の呼び名だということがわかり検索をすることに。




なな、なんと


『つま』だそうだ。 


つまと言えば妻という感じを思い出す。

けれど、意味合いは変わらないらしい。

難しい漢字。難しい地名。


キャベツのコールスローではダメだったのか

あえて、嬬恋高原を推すことによってインパクトを与えるのかが気になる。


群馬と言えばback numberの出身地。

なぜかそんなことを思い出して、食べながら聴く。

高嶺の花子さん

高嶺の花子さん

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250


群馬行きたいなー

嬬恋高原コールスロー美味しかった

30分の散歩

夜の道をのらりくらりと歩いてみる。

人通りはなく、車の通る音がよく聞こえる。

たまには優雅に過ごす時も悪くはない。

音楽を聴きながらもう少し歩いてみる。